コインコレクターのホームページ

Japan meij silver 1shu gin ND(1868)
日本 明治一朱銀 明治元年(1868年) Yt型 完全両面額縁

重さ1.9g、大きさ 縦17.45mm 横10.50mm。状態は、極美品。

外周の丸点まで全部完璧に入っています。両面額縁は、重さは他の一朱銀と同じで面積が大きい分、出来上がりが薄いです。

ために「定」極印を打たれると、裏面にヒビが入ってしまうのです。コインのデザインとしては完璧なのですが、ヒビが惜しいです。

「常」字の最初の三画がまっすぐ下へ引かれている特徴から、川常と呼ばれています。

明治一朱銀と一分銀に共通した特徴です。(明治一分銀には一部当てはまらないものもあります)明治になると、

直ぐに円形機械打刻の近代貨幣が流通しだしたので、明治一朱銀は流通期間が短く、好状態な品物が多く残っています。

次へ進む

国別目次へ行く

年順目次へ行く

TOPへ戻る

日本コインへ行く