コインコレクターのホームページ

Japan pattern clay ND
日本 未発行陶貨の試作品 記年銘無し

未発行に終わった一銭陶貨の試作品。幾つか材料の配合を変え、色、質、出来栄えを見たようで、桐面左上の番号で手書きで書き込みそれから焼かれている。

この品を購入した時、コイン屋さんが資料を付けてくれた。下はその一部です。この品は下資料写真のNo.2現品です。

この品は封筒に入っていたそうで、封筒には造幣局瀬戸出張所と印刷されています。

封筒には昭和18年銘の菊十銭アルミ貨を陶製で写したものも有り、ギザの真ん中に見切り線が入っていました。大きさはアルミ製の9割弱程度でした。

「収集」2012年5月号、2004年5月号によると、未発効一銭陶貨は昭和19年夏ころには生産開始していたのではないかと書かれていて、この品はそれに先立つものと見られます。

次へ進む

国別目次へ行く

年順目次へ行く

日本コインへ行く

TOPへ戻る